透析・糖尿病専門の大阪市西区佐々木内科クリニック、血液透析、腹膜透析、糖尿病代謝内科、腎臓内科

大阪府大阪市西区九条南2-2-21 NTT西ビル1F
クリニック 06-6585-2373
腎センター 06-6585-2386
       
     医師紹介      糖尿病      一般外来      学会研究活動
     診療案内
     腎臓病
     通院透析      患者会・イベント
     検査案内      人工透析      臨時透析      よくあるご質問
     院内紹介      
       
診療科目 一般内科 糖尿病代謝内科
腎臓内科 消化器内科
眼科 泌尿器科
人工透析科
院  長 佐々木 敏作
医  師 院長ほか、非常勤医師
資  格 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会認定専門医
日本アフェレーシス学会認定専門医
国際アフェレーシス学会会員
日本透析医学会会員
日本体育協会公認
スポーツ医

日本糖尿病協会療養指導医
スタッフ 看護師
臨床工学技士
臨床検査技師、放射線技師
管理栄養士、診療助手
受付
住  所 〒550-0025
大阪府大阪市西区九条南
2-2-21 NTT西ビル1F




腎 臓 病

腎臓病とは、腎臓の機能が極端に弱まり、尿が十分に出なくなり、体内に老廃物が溜まってしまう病気です。この状態を放置しておくと、尿毒素という危険な状態になってしまいます。そうなると、人工的に血液中の老廃物を除去する装置、人工腎臓を用いた血液透析や腹膜透析を受ける必要が出てきます。

腎臓は、腰のやや上部に位置し、胃や肝臓の後ろ側に左右に1個ずつ対になってあります。成人の腎臓は、こぶしぐらいの大きさです。腎臓は体内で余分になった尿素などの老廃物を尿として排泄します(尿素は水分や塩分、たんぱく質が分解して出来ます)。血液中の老廃物や余分の水分が尿として、体外に排泄されることにより、体内のバランスが保たれるのです。健康な人が、喉が渇いたときやお腹が空いたときに思い通りに水分や食事を摂れるのは、この腎臓が体内の環境を整えているからなのです。


腎 不 全

腎不全が重くなると透析を行わなくてはなりません。血液透析の場合においては、透析液と血液を透析膜を介し、接触させます。機械や薬剤の助けを借りて体内から老廃物や水分を除くのです。そして、必要なものを体内に送り込むのです。通常約4〜6時間かかる透析を週に2〜3回行います。血液透析を始めたときの食事管理については、基本的にたんぱく質の制限は解除されますが、尿量が減るため、減塩・カリウム・リン・水分については、厳重に制限されます。

腎不全には、慢性的な腎機能障害(維持透析患者)の他に出血が伴う手術後や事故、また熱傷や薬物により引き起こされる急性的な腎機能障害(急性腎不全;一時的な腎機能障害)があります。腎臓は生命を維持するための重要なホメオスターシス(恒常性)を担っており、体内の過剰水分や食事などに含まれる成分の最終産物の排泄、また呼吸などでも変化する血液のp Hや、血圧、Caイオンなどの調整、さらに造血作用に関与するホルモンなどの分泌(他にもいっぱいあります)も行っています。

そのためこの腎機能が失調(ホメオシターシスの失調)してしまいますと生命維持ができなくなり死に至ります。これが透析療法の行われていなかった時代に腎臓病は「不治の病」と言われる所以となっているようです。腎機能を障害する要因で身近なものは糖尿病や 高血圧、扁桃腺の炎症を引き起こす溶血性連鎖球菌、妊娠中毒症や尿路感染由来など、また大量の薬剤や農薬を誤飲したときにも腎機能障害を起こします。これらの障害部位から腎前性・腎実性・腎後性の腎機能障害に分類されています。

腎機能障害ならないために定期的な受診が必要です

血尿をみたときにはみなさんすぐ病院に行くようですが、ちょっとのタンパク尿は素通りしがちです。結果が(±)でも安心できません!
将来、腎機能障害にならぬよう定期的な受診が必要です。

腹膜透析について

腹膜透析に関する質問、血液透析に関する質問については、よくあるご質問コーナーをご覧下さい。

HOME医師紹介診療案内検査案内院内紹介糖尿病腎臓病人工透析一般外来通院透析臨時透析
学会研究活動患者会・イベントよくあるご質問医療求人情報医療機能情報アクセスリンク集サイトマップ
     Copyright(c)  大阪市西区 佐々木内科クリニック All rights reserved produced by FARO