透析・糖尿病専門の大阪市西区佐々木内科クリニック、血液透析、腹膜透析、糖尿病代謝内科、腎臓内科

大阪府大阪市西区九条南2-2-21 NTT西ビル1F
クリニック 06-6585-2373
腎センター 06-6585-2386
       
     医師紹介
     糖尿病
     一般外来      学会研究活動
     診療案内      腎臓病      通院透析      患者会・イベント
     検査案内      人工透析      臨時透析      よくあるご質問
     院内紹介      
       
診療科目 一般内科 糖尿病代謝内科
腎臓内科 消化器内科
眼科 泌尿器科
人工透析科
院  長 佐々木 敏作
医  師 院長ほか、非常勤医師
資  格 日本内科学会認定医
日本糖尿病学会認定専門医
日本アフェレーシス学会認定専門医
国際アフェレーシス学会会員
日本透析医学会会員
日本体育協会公認
スポーツ医

日本糖尿病協会療養指導医
スタッフ 看護師
臨床工学技士
臨床検査技師、放射線技師
管理栄養士、診療助手
受付
住  所 〒550-0025
大阪府大阪市西区九条南
2-2-21 NTT西ビル1F




糖尿病

糖尿病とは、尿に糖が出ることから付けられた病名です。糖尿病は、ブドウ糖が増えすぎて、血液の中にあふれてしまう状態といえます。つまり、体の中で血糖を下げるホルモンであるインスリンの作用が分泌されなかったり、その量が不足している場合に高血糖になってしまう病気です。

糖尿病は、血液中のブドウ糖の量(血糖値)をもとに診断されます。朝食前血糖値126mg/dl以上または、食後血糖値200mg/dl以上のいずれかが、2回以上確認された場合に糖尿病であると診断されます。また、糖尿病が疑わしいケースでは、ブドウ糖負荷試験を行います。糖尿病は大きく分けると、1型、2型、遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの、妊娠糖尿病の4種となります。

1型糖尿病

膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。

2型糖尿病

インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。

遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの

遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。

妊娠糖尿病

妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。

日本人の糖尿病患者のうち約95%が、2型です。また、多くの場合、自覚症状がないまま進行するので、常日頃から健康診断などにおいて、無症状の時期に糖尿病を発見することが重要です。

糖尿病の原因は、インスリン作用不足と考えられています。しかし、1型糖尿病の原因については、遺伝や環境が原因という説がありますが、厳密にいうと、まだはっきりとその原因はわかっていません。2型糖尿病の主な原因は、内臓脂肪の増加や運動不足によって表れる肥満であるといわれています。また、それ以外にも遺伝や環境・過度なストレス・加齢・食物の過剰摂取なども原因になるといわれているのです。これが、生活習慣病といわれる所以であり、糖尿病の患者数は年々増え続けています。

また、当院では、閉塞性動脈硬化症、糖尿病による末梢血管障害、冷え性、血行不良、イライラ感のある患者さんに炭酸泉療法を行っています。
炭酸泉療法についてはこちらのページをご覧下さい。

※糖尿病に関するよくある質問については、「よくあるご質問」コーナーをご覧下さい。


HOME医師紹介診療案内検査案内院内紹介糖尿病腎臓病人工透析一般外来通院透析臨時透析
学会研究活動患者会・イベントよくあるご質問医療求人情報医療機能情報アクセスリンク集サイトマップ
     Copyright(c)  大阪市西区 佐々木内科クリニック All rights reserved produced by FARO